コントローラーの通販 2017年度 チャージ

発送はとても早く満足です。残念ながら低だけ点灯になったことがありませんので!どこまで下がると低になるのかはまだ分かりません。ロードはバッテリー電圧が11Vを超えたあたりで点灯!回路も接続されます。

イマが買い時♪

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

チャージ コントローラーチャージコントローラー・ET-PWM12A

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

付属の端子は大きすぎて本体には取り付けられませんでした。デルコのディープサイクルバッテリーを満充電にすることはできませんでした。LED表示は左からチャージ、ロード、バッテリー電圧(低、中、高)とあります。現在の使用負荷は!カーオーディオとLED照明ですが!チャージコントローラーによっては!カーオーディオのAMラジオが全滅するほどのノイズを発生するものがあります。パネルからの入力を制限して過充電を防いでいるのは解りますが、何時間待ってもフロート電圧(13.0V)に下がることはありませんでした。コントローラーの出力にノイズフィルターを入れて対策しますが!このチャージコントローラーは不思議と出力にノイズが乗りません。開梱しバッテリに接続しても赤いバッテリ電圧表示用LEDが点灯しませんでした。バルク−フロートと言うよりは、バルク−吸収と言ったところでしょうか。でも星5個にしました。バッテリーの充電メーターと過充電を防いでくれる機能だけで十分な装置ですから、余計な機能はいりません。ノイズ対策でバッテリーとの接続に悩まなくてよいのは正直ありがたいですね。 この不具合以外は正常に動作しているようなので返送しませんでしたが(面倒くさいので)赤いLEDの部分のハンダ付けは他の部分ハンダ付と比較してやり替えたような痕跡が有りました。明らかに接触不良のようなので後日開けて見ると3個あるLEDのリード線の内少なくとも2本はハンダ付が浮いていました1本はプリント基板からパターンが浮いていてリード線が固定できませんでした、仕方が無いので同電位の隣のパターンとハンダ付けして固定しました。夜間など充電していない時は(12.5V程度)中までが点灯しています。緊急自家電源装置でしたが!うちの屋根にソーラーパネル載せたのでいらんものになってしまった。不思議に思いながら製品を揺すったり全面を指で少し押さえると一瞬点灯しました。やはり充電電圧を変えれるタイプにしとけば良かったです。夜間の待機電流は実測で17mAありました。家の中にカーオーディオを置いてる方にはお勧めしていいかも。AMラジオをそばに置くと「パリパリ」とパルスノイズが出ているのが分かりますが!2mも離せば受信に障害は出なくなりました。今!ベランダを野菜工場にする計画があるので!その時に使えるシステムになってくれればと。充電が終期に近づくと電圧が13.8Vに落ち着いて!パネル電圧が16V〜19Vあたりまで上がってきます。。安さに惹かれて購入したものの当方の確認不足でした。信じられない内容で製品検査のシールがむなしく感じられました。過充電のみを防ぐ自動車のレギュレーターと同じですからそれほど問題ではないでしょう。商品自体は満足のいく商品ですのでカーバッテリーを使用しサブとします。電圧表示は13.4Vを超えると高が点灯。12A流して大丈夫かどうかは放熱性能から考えて疑問ですが、無理させなきゃ長持ちしそうです。これが他の部分だったら動作不良で返送していると思いますがこんなことでは製品に対する信頼性が無くなります。なにより壊れないことが一番ですので、ベランダに放置していても今のところ問題ありません。ソーラーパネル100W常にベランダのエアコン室外機の上に置いてあり、カーバッテリーを充電しています。たまに100V用のコンバーターで扇風機回したり!遊びで32インチのテレビをつけたりしています。ただし地元に到着してるのに配送が全くダメな西濃でした。200mW程度の消費なら、LED3個ぶんとあと少しというところかな?気にするほど喰われてはいませんね。パネル電圧がバッテリー電圧を超えて充電が始まるとチャージ点灯。容量5A程度のパネルで一年以上使っていますが!性能としては価格以上だと思います。以前もダメ 今回もダメ。充電電流制限中はチャージランプが点滅します。